初心者歓迎!わたしもアロマセラピストに

アロマセラピストの資格は、現在日本では国家資格はありません。全て民間資格になります。正しいアロマテラピーの理論と実技を習得する事で、どなたでも目指す事ができます。

◆手に職をつけられる

手に職をつけると、知識を活かして働く事ができるようになります。転職を考える方はもちろん、今すぐ実務につく予定はない方でも、早めにスキルを培っておく事で、必要な時にすぐに動き出す事ができます。

資格取得は、実務につく上で自信になるだけでなく、就職でのスキルの証明にもなります。もちろん、一度身につけたスキルは、生涯にわたり役立てる事ができます。
特にアロマセラピストは、経験を積む事でアロマテラピーを深く理解したり、手技のテクニック向上が望めるため、安定して働きたい方にもおすすめです。

◆柔軟な働き方

サロンへの就職や独立開業、副業など、自分のスタイルに合わせて働きやすい点も魅力です。独立開業すれば、ご自身の理想とするサロンを持つ事ができます。主婦の方、会社勤めの方も、不定期での教室の開催など理想的な働き方が行えます。

◆ボランティアにも活かせる

老人施設やお子さまを対象にしたボランティア活動にも、アロマの技術は役立ちます。特に老人施設でのアロマハンドトリートメントは、手で素肌にやさしく触れてケアする事で、タクティールケアの理念にも通ずるのです。アロマの香りによるリラックスの相乗効果も期待できます。

◆自分のためにも活かせるスキル

仕事として身につけた人に癒しを提供する技術は、自分への癒し・学びにもなります。心身の状態に応じて、セルフケアを行い、健康管理や美容に活用したり、アロマの知識を日常生活に取り入れてハウスキーピングしたりと、QOL(生活の質)を高める事にも役立ちます。何より自分自身が健康で輝いている事こそが、周りの人に提供できる最高のギフトでもあるのです。

関連記事

  1. ペットケアにもフラワーレメディ

  2. 職場のメンタルヘルスケアにも!

  3. フラワーレメディーでメンタルヘルスケア

  4. 認知症やうつの予防にも

  5. リンパは流さない!さとう式リンパケア

  6. 肩はもまない!MRT(マッスルリリーステクニック)

inserted by FC2 system